【スタッフブログ】リアルが充。

リアルが充実。ネット的にリア充。

ただいまちーむゆきふろ内はリアルが渋滞しています。
リア渋。
やらねばならぬ現実、なさねばならぬ現実。
されど厳しいからこそ甘さが増す。
何事も熟すとはそういうことだと
己に言い聞かせるように馬車馬の如く動いております。(比喩も渋滞)

ふと
昨年の今頃はどうだったかなんて振り返っていました。
食の秋。
友人と
どこかに出掛けたいね、
12月には旅行に行こうか、なんて。
出掛けた先で美味しいものを食べて
きれいな空気を吸っていつもと違う景色を眺めて
「来年もまたね」なんて。

そんな思い描いた近い将来は全然違うものになった。

全然「当たり前」じゃなかったなァ、って。

各地で作ったたくさんの思い出のカケラのような
カードの利用明細が
今年はほぼ「Amazon」(好きだけど)。
密は避けて孤独な「Amazon」(便利だからいいのですけど)。

ちなみにギリシャ神話に登場する女性だけの部族をAmazon
アマゾーンと言うらしいです。
アマゾーン
尼ゾーン
確かに尼な気分でゾーンに入っては、いる。
…ほう。
(あっ、ちーむゆきふろは男性もおります。一応。)

ナニはともかく。

髙橋由起的には何かと解禁な12月。
何かと、っていうかやはり皆様にお会いできること。
そしてそれがフルート演奏をもって、ということ。
嬉しゅうございます。本当に。

12日には人数が限られておりますがお食事と共に
お楽しみいただける長野でのコンサートが。
そして20日には地元栃木市でフルートリサイタル、
こちら日程的にクリスマスコンサートになります。

このような折、
ニューノーマル、なる言葉もちらほら。
ニューなの。
ノーマルが。

新しさも古さもまとめて
どん、と。
そしてスタンダードがあるなら
その遥か高みを目指して軽やかに進む。
現在地じゃなく目線。
それこそが表現じゃないかと
表現こそが日常じゃないかと
日々は尊いと本当は誰もがずっと前から知ってる。
毎日奏でてきた音を互いに聴かせあう、
コンサートの日はきっとそんなようなものだって思います。
だから皆様にお会いできることが
たくさんの音に出会えることがとても楽しみなのです。
待ち遠しい。
まちどおしい(←ひらがなで書くとかわいい)。

その日に向けて!
今日も馬は走る。
ひひん。

キックオフ!

ようやく…

ようやく……

決まりました!

12月20日(日)にゆかりのアーティストシリーズとして「髙橋由起フルート・リサイタル」が
開催されることが決まりました!

コロナ禍で演奏活動ももはや延期か中止か無観客、という悲しい状況でしたが
ようやく少しずつ以前の状態を取り戻しつつあります。

色々な条件で泣く泣く出演を見合わせた公演もあり
今年はこのまま過ぎてしまうのだろうかと途方に暮れていました。

そんな矢先のありがたいご依頼、
情報がキックオフになり、嬉しすぎるのでBlogでもご報告です。

今年度はコロナに振り回され、現在も振り回され中ですが
昨年度に比べて楽器から離れて音楽を考える、という時間が多かったので
あと2か月でそれを楽器で体現出来るようにしていきたいと思っています。

留学中に感じたのは、
楽器は練習室の中だけでうまくなるものではないということ。

何を感じ、何を見て、何を自分の血肉としたかで
奏でられる音楽が変わってきます。

このコロナ禍でいろんな思いが錯綜し
沢山のことを考えさせられた期間だったけれど
ふと楽器を吹くとそんな思いが音となって溢れていく感覚を覚えます。

あと2か月!
音楽ととことん向き合って、12月20日には皆さんに最高のステージが
届けられるように頑張っていきたいと思っています!

詳しくはコンサートインフォをご覧ください。

10月24日からチケット一斉発売となっています。
今回は座席指定なので、皆様ぜひお早目にお求めください。

twitterでもコンサート情報を随時発信していきますので
チェックしてくださいね!

試合開始の笛が鳴って、嬉しい忙しさの始まりです。
音楽はやっぱりライヴでなくては!
久々にお会いできるのを楽しみにしています。

彩雲

まだまだ情報キックオフ!までいかないのですが、
年末に向けて水面下では動いております。

お知らせ解禁までしばしお待ちください!

さて、秋も深まり、虫の声が心地よい季節になって来ましたね。
皆様いかがお過ごしですか?

私はこの前、「彩雲」に遭遇しました。

このblogの写真にもなっていますが
虹と雲が一体化しているような神秘的な雲です。

オーロラみたいで綺麗だった~。

しかも、見られると縁起が良く、良い事が起きる前触れとの説も!
色々と応援してくださった大切な方たちと一緒に見ることが出来て
嬉しさ倍増でした。

ちなみに、舞台上ではフルートは彩雲のごとく
キラキラと様々な表情で輝きます。

いつもコンサートが終わると、

「とっても良かった!フルートがライトを反射して
キラキラと水辺の上で光っているみたいで、うっとりしちゃった」

と感想を下さる方がいて

嬉しいやら、フルートの輝きの方か…と複雑な自分も出てきます。

金属でできているモダンフルートは、本当に光の反射でキラキラと輝きます。

私の2代目フルートは、プラチナメッキがかかっていたモデルなのですが
オーケストラでの撮影収録のあと、
友人に

「なんか、由起ちゃんのフルート、いぶし銀って感じで光るよね。
こう青魚系?っていうの???」

と言われ、なるほど、収録画像をみて納得しました。

本当に渋い感じのオーロラ、って感じでした。

フルートにも白銀、洋銀、金、プラチナなどがあり
音はもちろん見た目も全然違います。

私の今の相棒は金ですが、金は金でもイエローゴールドかピンクゴールドかで
全然見え方も違います。

彩雲に遭遇して、
私のコンサートに来てくださった方々にも
ああ、こんな輝く楽器と音楽に出会えて、奇跡!と思って頂けるよう
日々奔走していきたいと思います。

ちなみに、色の見え方って他人と「共有」できないみたいです。
造形の先生に教えて頂きました。
それってすごく興味深い。

私が見ているものとあなたが見ているものが違うかもしれない!

なんかワクワクします。

みんな違ってみんな良い!
色んな世界を知りたいです。

一歩間違えば変態の境地ですが、探求心と共にすごす秋にしたいと思います。

兆し

気付けば夏も過ぎ去り、もうすっかり秋ですね!
照りつける太陽の光からも、秋の気配を感じます。
大好物の梨を食べまくっています。

季節はもう秋ですが、私自身にはようやく春の兆しです。

コロナ禍は続いていますが、ようやく少しずつ活動の目途が立ってきました。

そして、先日取材を受けました広報とちぎ10月号が無事発行されました!
(きらりとちぎ人というページに特集されています!詳しくは私のtwitterへ)

心の中で
パンパンに膨らんでいた桜のつぼみが少しずつ咲いてきているような感じです。

活動が出来ない分、音楽以外の事で時間を費やすことが増えました。

本を読んだり、散歩して普段見ない景色を見たり、丁寧に料理をしてみたり、
汗だくになるまで掃除をしたり、自然の中で思いっきり遊んだり、
家のありとあらゆるものを洗濯してみたり、川沿いをダッシュしてみたり、
はたまた仏教の世界を考えてみたり、、、

昨年は本番の準備やリハに追われている生活だったため、
なかなか出来なかったことばかりでした。

先日、ネット記事のコラムで
『コロナが無かったころの世界に戻りたい』という学生のコラムを読んだのですが
確かに、こんな状況になってしまって誰もがコロナが蔓延する世界は
嘘であって欲しいと思っていると思います。

でも、コロナは無くならない、コロナ以前の生活に戻ることはない、から
その現状を受け入れて自分をどうアップデートしていくかを
考えるしかないと思っています。

フルートから離れる時間も増えているけれど
その分自分自身と向き合う濃い時間が増えて、それがゆくゆくは
私の音に繋がっていくのだと思います。

そんなことを広報とちぎのインタビューで偉そうに語っています笑

そう考えてみると、一見不都合な顔をして、実はチャンスの兆しが隠れているものって
沢山あるのかも知れないですね。

「見えない」ものを「見る」力が養われる気がします。
見えているものだけが本当じゃない、
見えないものから感じ取れるものの中に価値があるものだってある。

まだまだ大変な状況は続きますが、
受け入れながら良い方法を探して、それぞれに頑張っていきましょう!

そして、私を見かけたら
私の中にある春の兆しをぜひ感じてみてください笑。

見えないけれど、私の中では桜がちらほら咲いています♪

情報解禁になりましたら、随時アップしていきます!
要チェケラ!

夏にナツメロ談義

先日、友人と話している時にお琴で演奏されている音楽がBGMでずっと流れていて
(色んな歌謡曲をお琴で演奏しているBGMでした)

「なんだっけ…これ知ってる」
と口ずさむ友人。

私は全然知らず、誰の曲?何の曲?と聞きまくっていたら

友人がすごい勢いで検索しだして、

あ~!これこれ!と探しあてました。

その曲がユーミンの「翳りゆく部屋」という曲でした。

し…しらない…。

ユーミンは魔女の宅急便のアノ曲と、あとは…という
ユーミンファンの皆さんに怒られる知識レベルの私は
この曲について、その後色々調べました。

皆さんご存知ですか?

1979年に出された最後のシングル、らしいです。
私まだ生まれてさえいない、
そして友人は私より若いのに、よく知ってたな…
まあ、名曲は歌い、語り継がれますよね。

椎名林檎さんやエレカシなどもカバーしているそうですね!

へえ~そうなんだ~と色んな情報と共に
ユーミンが歌っているのを改めて聴くと、なんだかハマる。
そして、そのまま歌詞談義に入りました。

どうやらカップルの別れのシーンを描いた曲のようで
最初の歌詞が

『窓辺においた椅子にもたれ あなたは夕陽みてた』

というのですが、

友人とこのカップルって何歳くらいなんだろうね?って言い合いながら
めちゃくちゃ真剣に意見を交わしました(笑

私的見解は…

この曲のイントロがパイプオルガンなんですよね。
海外では教会には必ずパイプオルガンがあって
冠婚葬祭の時に演奏されたりします。

まずはイントロから結婚したという感じと
葬送のような和音の印象も受けたので
何年も連れ添った夫婦…なのかな、という見解。

友人はもう少し若いカップルで
結婚はしていないけど
もう関係が終わっている2人を想像したらしいです。

ちなみに、情景的には私は平屋の一軒家。
秋の夕暮れな感じ。
友人はアパートで、周りは閑静な感じ、らしいです。

今まではどうしても「歌詞」があると、その言葉ばっかりが
入ってきてしまって音楽に集中できなかったりしたのですが

名曲と呼ばれるものは
言葉で情景を語り
こちらに余白を残してくれ、
尚且つ聴く人の経験や人生によって
色んな聴き方を残してくれるものなんだな…と実感。

ていうか、私の見解、めっちゃ年老いてるのかな。苦笑。

というのも、歌謡曲って面白いことに、
例えば超懐メロのSMAPの「青いイナズマ」って
老若男女誰でも知ってますよね。

私は何も考えず、「ゲッチュー!」とか幼いながらも歌ってたけど
あれも別れの曲っていうか、やばいよ、この状況、心臓バクバク!の
歌詞だったということに最近気付き、
歌詞よりSMAPカッコいいーとか
歌詞よりメロディーをめちゃくちゃ先行して感じてたいい例だなと思いました。

自分の記憶を辿ってみて、今知る真実なんかがあると
またその曲の聴き方が変わって新鮮です。

音楽って奥が深いなあ~
そしてすごいぜ、ユーミン。

皆さんもぜひ「翳りゆく部屋」聴いてみてください!
そして、どんな風に感じてどんな情景が見えたのか教えてくださいね^^♪

出会いから一周年

今朝は暑いけれど少し秋の匂いも感じました。

皆さんどんな夏休みを過ごしましたか?(もしくは夏休み中?)

先日24時間テレビが放映されているのを見て、
去年のちょうど24時間テレビの時期に
初めてゆきふろスタッフと顔合わせをし、
プロジェクトをスタートさせたことを思い出しました。

スタッフの部屋で、私の撮影用の衣装を見ながら
24時間テレビがかかっていたなあ、嵐出てたなあ…と
私にとってはとても大きなスタートの日だったので良く覚えています。

1日目打ち合わせ、2日目写真&動画撮影、
怒涛のように過ぎて行きましたが、
改めて有能すぎるスタッフに恵まれて
本当に感謝しています。

スタッフは去年の今頃私と会ったって覚えてるかな~(笑

今年の24時間テレビは「動く」がテーマだったようですね!

良いですね!
「動く」というワード、大好きです。

行動あるのみ。実践するのみ。
昔からどんどん行動するのは変わらず、
今も「考える」と同時くらいに「動き」ます。

今年はそれが叶わない分、内面がものすごく「動いて」います。

これまでの経験で学んだのは
がむしゃらに動くのではなく、考えて動く。
自己都合だけでなく、相手を考えて動く。

そうすると

本当に素敵な人たちに囲まれます。
自然と結果がついてくるようになります。

スタッフ達に出会えたのも、そんな「動く」の積み重ねだったのかな、
と思っています。

応援してくださる皆さんと出会えたことも、本当に感謝しています。

ただね、怖いのはそれに甘んじて「動かなく」なってしまうと
良い循環もストップしてしまうということ。

「動く」から「動き続ける」のが、私のテーマかなあと
サライを聞きながら考えました。

私もまだまだ叶えたい夢へも、なりたい自分へも程遠いけど
上手に休んで、また動き続けよう。

出逢って一周年。
スタッフに感謝を込めて。

Merci beaucoup:))
Gros Bisous!!

フルートオンラインレッスン♪

なんだか今年は長い梅雨でしたね。
晴れ間に、梅雨が明けそうな匂いを感じ、やっと梅雨明け。

私はどうやら季節の変わり目を嗅ぐ癖があるみたいです(笑

スッコーン!と晴れ渡った夏空、見たいです。

さて、こんな状況なので音楽のレッスンもオンラインレッスンが
増えてきていますね。

実は、コロナ禍になる以前から、遠方の生徒さん(北海道!)とは
長期休みで会う以外はオンラインレッスンを重ねて来ました。

他にもコロナをきっかけにオンラインレッスンをさせて頂いていますが
オンラインの良さ、難しさ、両面を感じながら取り組んでいます。

ネット上でのレッスンって大丈夫なのかなと少し不安もありながらスタートしたのですが
まず良かった点としては

先生側の学びとして
一つ一つの音に対して、どういうアンブシュア(口の形)をしているのか、
どう構えているのか、生徒さんの様子を注視することで
「今、なぜそういう音が出ているのか」
という事にものすごく集中します。

今ちょっと音がかすれているな…
なんでだろう…
そんな時は画面を凝視。

フルートの構え方、指の配置、アンブシュアをとことん見ながら
耳を傾けます。

そして、「こういう風にしてみるとどうでしょう?」という提案のバリエーションが増えました。
生徒さんの見えない姿のところまで、
とことん想像力を働かせる時間になっています。

対面でのレッスンをしている時には気づかなかった
各対処法や改善方法の案が増えたなと感じます。

ただ、デメリットとしては、
音楽のニュアンスや表現のようなものはなかなか伝わりにくい。
そういったものはやはり空気感が大事なので
一緒の空間で共有した方が伝えやすいです。
オンラインだとどうしても平面的な印象になってしまうので
難しいです。

生徒さん側の学びとしては、
とにかく先生が何を言っているのか、きちんと理解して
より能動的に学ぶ姿勢が身に着く、ということでしょうか。

もちろん、私も吹いて説明しますが
ここをこのようにして見てください、と言われたことを
きちんと理解して
即実行していかないとレッスンが進んでいきません。

私の生徒さんは初心者の方もいますが、
ものすごい熱意です。
学習意欲が半端ない!!

オンライン上でもすぐ音が変わったのが分かるので
そんな時は私も嬉しいし、
いやあ、すごいなあ、とこちらが逆に学ばせてもらっています。

経験者の生徒さんなんか、
この自粛中にものすごく練習されて(私も練習しなきゃと思わされる…)
音質が明らかに変わり、かなり上達されました。

生徒さん側のデメリットとしては
やはり、生の音で聞く事ができないので
果たして先生が言っているのはこういうことか?
など確信が持ちづらいのと、

先生が言ってる抽象的なことが
一体どゆこと?と確認しづらいことですよね。

私もなるべく具体的に分かりやすい言葉で伝えるようにしているのですが

「息の流れがこう真っすぐで、金太郎飴みたくなっていて、
それをベロの包丁で切っていくタンギングで吹けますか?」

「クモの糸くらいの線でフレーズ間は繋がっている感じ。切らないで!」

「そこはもっとキラキラと、、
天使のイメージです。サイゼリアのあの天井画にいる子どもの天使が
光に包まれているイメージ」

とか具体的なワードとイメージワードが混在する場面があるので

はて?具体的にどうやって?

って感じですよね笑

このあたりは実際に吹いていますが
違いなどは実際のレッスンでないと難しいのかなという場面もあります。

対面が良いに越したことはないけれど
先生も生徒もその場に相手がいないので
「想像力」が働き、「必死に課題に向かう」という点では
オンラインをうまく活用してみるのも手かもしれません。

その時間内でお互いに必死になるので
良いレッスンにはなります。

あとは、ネット環境が良くないと、音声がズレたり割れたりするので
環境を整えるのは必須ですし、
映す角度や、方向もとても大切ですよね。

私は最初、もっと相手の奥の構えが見たくて
画面にものすごい顔を近づけたり
上から覗いたりしていましたが(笑

そうやっても見えるはずもなく…

どうやって相手にきちんと見える角度で映すかというのも
レッスン中に工夫しています。

今後、こういった形のレッスンも増えていくでしょう。
上手に活用して学びの場を継続していけたらいいですよね!

公演が軒並み中止ですので
レッスンにも力を入れています。
オンラインレッスンもぜひこの機会にお問い合わせください!

以下、私のヌーディーな背中が背景の公演依頼ページからどうぞ♪

公演依頼

だからこそ、音楽なんだ

もう7月ですが、私の体感的にはまだ5月。
7月の連休くらいが、ゴールデンウィークな感じです(笑
遅いのか、早いのか、なんなんだこの時間感覚。

そのくらい、色々やりたい事がことごとく出来ていないので
そこに留まっている感覚です。

窓の外の蝉のなく声にハッとさせられます。

世界情勢もまだまだ不安定で、
ショッキングな事件も事故も続くと
やっぱり気分も滅入ってしまうけれど

こういう時こそ、

大好きな音楽を聞こう!

目に見えないもののパワーってすごいんだから!

今度私も詳しく研究してみたいのですが
音楽を聴くと、人の細胞が振動して動いていくらしいんです。

どういうメカニズムか分からないけれど
細胞レベルで動くってすごくないですか。

すなわちそれ、「感じて動く」=「感動」っていうことです。

今はどうしても後回しにされがちですが
早く生演奏でその空気感を皆と共有したい。

目に見えないものの共有って最強です。

やっぱり4月から心疲れて、
なんだか何を見ても聞いても、何も面白くもなく、
何も感じなくなってしまったという人がいたら

それはまさに音楽不足ですね!

マッサージベルトでお腹ブルブルの震える、じゃなくて
全身の細胞が音でブルブル震える機会を沢山作っていきましょう^^♪

ちなみに、ここで私のCDは~とかおススメしたいですが
それはこれからに取っておいて、

ひとまずのおススメは

モーツァルトの交響曲41番ジュピターです。
全てのモチーフや伏線が回収されてエンディングへ向かうところなんて
爽快!です。私はね!

特に4楽章が私は全身の細胞が整います。
色々な指揮者、オーケストラで聴き比べするのも楽しいです。

ちなみに、知り合いの車のオーディオがすごくって
「スタジアム風」とか「ライブハウス風」とかいろいろな音質に変えられるのですが
ある時、TVの音質も変えられることに気付きました。

そして、悪知恵が働く私。
真面目なニュースでその町の漁の話なんかを取り上げられている場面で
「スタジアム風」で音量も上げて聴いたところ、

『次にご紹介するのはあああああ(←エコーがかかっている・笑)
め~か~ぶ~~~うう~~~(←ちょっといやらしい感じのエコーになった・笑)』

とアナウンサーの声質が変わって、
めっちゃ爆笑しました。

爆笑しても細胞は震える気がする!

生きていくって、細胞が震えて感動していくことだ。
今だからこそ、音楽が必要ですね。

皆さんの生活に寄り添う音がありますように。

星に願いを

蒸し暑い日々が続いていますね。
早くも2020年の半分が終わり、後半に突入。

コロナ禍が続く中、自然が猛威を奮っています。
昨年の台風被害が思い出されます。胸が痛いです。
災害やウイルスを前に、本当に色々試練が多い年です。

さて、こんな状況の中でも迎えた七夕。

皆さんは今、何をお願いしますか?

つい先日、自然の中でフルートを吹いて写真を撮ったのですが
素晴らしい神社があって、
せっかくなので参拝してきました。

ダイエット成功したいとか、
早くコンサートができるようにとか、
パーッと遊びにいきたいとか、
美味しいものいっぱい食べにいきたいとか、
パリに戻りたいとか、

細かくいつも浮かぶ個人的なお願いを超えて

『とにかく皆が無事に、健康で生きていけますように』

と祈って来ました。

きれい事でもなんでもなく
本当に、命があれば、健康な体があれば、なんだって出来る。

今、それ自体が危ぶまれている状況、数々の困難に立ち向かわなくては
いけない危機的状況です。

自分の置かれている立場に感謝して
丁寧に生きていく、
生かされていることの奇跡を噛みしめていきたいです。

ちなみに、日本人って神様とか仏様とか、七夕ではお星さまとか
事あるごとに願う風習がありますよね。

自分でやることをやって、それで神様仏様お星様へお願いするのは良いのですが
誰かが何とかしてくれるという精神でお祈りしてたら
絶対に叶わないと思います。

現実に、人対人でも、
やることやってないのに、全部相手任せになってしまう、
何かを理由に自分が前へ進むことを諦めてしまったら
助けなんて得られません。

この非常事態、みんなそれぞれが出来ることを必死に
頑張って行きましょう。

twitterでもつぶやきましたが
チームゆきふろもコンサートが軒並み中止、延期になった今
今年に進められることを前向きに取り組むべく
ミーティングを重ねています。

素敵なお知らせ、待っていてくださいね!!

そして、個人的に悲しいお知らせです。

最近身体が重いなあ、
そういえば体重計が無かったんだった。
ポイントを使って
結構シビアに測定できる体重計を買いました。

自粛生活で見事に4キロ太っていました。

現実を知る。

星に願いをなんて言ってられない。
隕石落ちてくるわ。

自分でやるべきこと、しっかりやります…とほほ。

PAGE TOP