エッセンス

最近、朝起きると春の匂いがして、夜もほんのり新しい草木の匂いがすると、
なんだか嬉しくなります。
でも、花粉も飛んでくる時期。
嬉しいのか憂鬱なのか複雑な時期でもあります。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は、本番も自粛し、体調第一で過ごす今、
4月から再開するコンサートの打ち合わせ、
各種演奏依頼の打ち合わせの他は、
夕飯時に映画を観ることにハマっています。

日々の業務が多忙すぎてたまに思考がフリーズするので
現実逃避したいという願望も影響してか、
映画は一瞬にしてその世界に惹き込まれるのですごく良い!

スタッフから沢山借りたDVDあり、
家族が入っているオンライン会員の作品あり、
豊富なラインナップから
なぜかジャンルで多く見たのはホラー・・・・。

出かけられない日々が続いているので
家族と共に刺激を欲しているのか、
何故か一生懸命作った夕飯が映えない暗さの照明にして
ホラー・・・・。

『ライトオフ』
『It Follows』
『ハッピーデスデイ』
『ハッピーデスデイ2』
あたり、評価が高いという☆のみを頼りに
結構連続で観ました。

色んな「怖さ」があって、
一番怖かったのは、連日、夕飯の時に見るので眠りが浅くなり
悪夢を見る・・・・ということでした(苦笑。

なので、この間は「面白い・感動」というテーマで色々検索して
『シェフ』を観ました。

この映画の舞台がフランスで、久々のフランス語を聞いて懐かしくなり、
よく登場する場面が私が以前住んでいたアパルトマンの近所、
パリ4区のヴォージュ広場だったので
もう!テンション爆上がりでした!

映画はもちろん素晴らしかったし、
何より主人公が料理が好き!心から大好き!ということから
起きる色々な出来事が
ああ、人生ってそうだよねと思わせることばかりでした。
好きってやっぱり最強なんだよねー。

ホラー映画も、抽象的な表現なんかが出てくると
これってこういうテーマを言いたいのかな、と考えながら観てしまいます。

職業柄、「この人って何を言いたいんだろう。何を伝えたいんだろう」と
その芯を探ってしまう癖が抜けない。

そういう芯があって、軸がブレない作品がずっと残るし
素晴らしいんだろうなあ。

音楽もそうだけど映画も深いなあ・・・。
どのジャンルも、色々学びがありますね。

コロナ禍になって、やっぱりこれからの時代、
何かを理由にして、私は出来ないとか
言い訳を作って自分と向き合うことから逃げてたり、
はたまた何か言ってはいるけど、芯がなくって結局何がしたいの?的な人は
どんどん渦に巻かれてしまうんだろうな。

私はこれがしたい、
これが言いたい、
これが伝えたい、
という芯って大事ですよね。

言葉がない音楽はよりそれが本当に大切。
作曲家の言葉探しをしながら音楽を作っていくのは本当に最高です。

まあそんな事を思いながら最近は過ごしています。

私は意志を持ってダラダラと過ごしてみたい・・・。
春の陽ざしのもと猫と一緒に日向ぼっこしたいです。
外に出て思い切り発散したい!
意志のあるダラダラは許される、と個人的に思っています(笑。

皆さんもこの自粛期間でハマったことや
ハマった映画、本などあればぜひ教えてください~

1件のコメント

  1. 部屋を暗くしてホラー映画をみているゆきちゃん想像したら…背筋が……
    なんて嘘ですが「今はこれ‼️」っと思ったらとことんのめり込んじゃうゆきちゃんが大好きです❤️
    私の「今」は編み物です
    実は出来の良すぎる弟子(18才)ができ
    週4教えています
    教えは自分の勉強になると再認識し
    編み物の深さに今更ながら気付きました
    出来ない❗じゃなく「やる‼️」
    なんだよね~⤴️
    幾つになっても学びの人生は楽しいです
    4月コンサート🎶体を大切に頑張ってください❤️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP