新年早々JYPにハマる!

皆様、おそばせながら、2021年今年もどうぞ宜しくお願いします!

更新がだいぶあいてしまいごめんなさい。
新年早々に体調を崩し、現在も絶賛鼻づまり中です。
ガンコな風邪菌に(多分アレルギーも)やられ中です。

今はこうやってPCに向かって作業できますが
先週は急性副鼻腔炎と気管支炎併発で
顔面も痛い、目も痛い
起きてても辛い、寝てても辛い、もう…いやだ(泣…
状態でした。年末というか、12月が色々立て込んでいたので
(土日までもが全て埋まるという謎スケジュール)
その疲れが一気に来たんだと思います。
まだ全快ではないですが、日々回復中です。
皆様もどうぞお気をつけくださいね。

ほとんど寝正月だった私は、その間「Nizi プロジェクト」の特集を見ました。

きっかけは、家族が年末に歌の特番かなにかで
「さっきさ、NiziUが出てたんだけど、ダンスがすごくってさ。
歌も全然乱れないし、あれだけ揃ってたらすごいわ」
と言っていて、

私はその時点で「にじゅう?二重?なに!?」という、、

NiziUファンに殴られてしまうレベルでしたが
家族がそんなに言うんなら、と
You Tubeで見てみました。

そしたら、可愛い女の子たちがキレッキレのダンスをしてるではないですか!
そしてそのテンポ感やリズムが癖になり何度もリピート。

最初韓国のグループかな?と思って色々調べてたら
へえ~この子たちオーディションで選抜された子たちなんだ~、しかも日本人!と
色々特集を見始めました。

いやーー見事にハマりました。

初回オーディションから追って見たのですが
何にハマったって、プロデューサーのパク・ジニョンさんの各参加者への
的を得た助言と愛のあるメッセージに、です。

全国、海外含めて1万人以上の応募者があったようですね!すごい。
そして、その中から光り輝く原石を見出すって
確固たる芯がないと判断出来ないですよね。

私が一番惹かれたパクさんの助言は
『どんなにうまいダンスをしても、どんなに上手に歌っても
そこにあなたが見えなかったら、それは良いパフォーマンスとは言えない。
あなたがどう感じて、自分をどう表現していくかだよ』という言葉でした。

実はコレを聞いた瞬間、ハッと思い出したことがありました。
私がパリに留学して最初についた師匠に言われたことと全く一緒だったからです。

パリに行く前は、演奏してても何が正解なのか、そもそも正解なんて無いんですが
どうしたいのか、何か縛られててずっともがいていたんですよね。

それを、パリに行って初めてのレッスンで、
お前はどう感じるんだ?って言われた時に
え??そこに「私」が存在していいんだ。とびっくりした記憶があります。

もちろん様々な時代の音楽様式や奏法を無視して、好き勝手に自分が思うように演奏してよいという
ことではありません。
その音楽の背景、作曲家について、時代と演奏様式は基礎知識や技として当然ながら身についた、
その後のお話です。

私は海外で初めて、この曲に対して自分はどう感じているんだろう…ということに
恥ずかしながら初めて対峙しました。
それまでは、この曲はこの演奏方法が正しくて、こう演奏されるべきなんだ、という
勝手に決められた枠に入ってしまっていたのかも知れません。

きっと小さい頃は自分が感じたことを表現する、
それが素直に出来ていたんだろうな、と思います。
ピアノを弾くのもとっても楽しくて怖いもの知らず!という感じ。

それが成長するにつれて、いろんな情報量が多くなって、自分の心も小さく閉ざされるようになって
何をしたいのか、本当に分からなくなっていたのでしょう。

パクさんのその助言にハッとする参加者の顔が
自分が留学して師匠のレッスンを最初に受けた時の顔に見えてきて
何となくデジャブでした。

私はダンスの基礎なんかは素人で分かりませんが、
そこに自然に自分が出せているのかどうかというのは動画を見ていても分かりました。
確かにすごい技術でも相手と共有せずに自己完結してしまっている子や
技術はもう一つだけど、ちゃんと相手に伝えようとしている子など、
ダンスの奥を見ていくとすごく興味深い。

わーーー音楽と一緒だー!と思って
このオーディション深いわーとベッドの中で動画天国でした。

きっとどの分野でもそうですよね。
自分が持って生まれたものを自分で理解して、背伸びせず、
自分が出来る手段で表現して
人と繋がっていく、共有していく。
そこには言葉では言えないほどの感動や興奮があるわけです。

きっとプロジェクトで選ばれなかった子たちも
パクさんから頂いた言葉ってこれからの人生ですごく指針になっていくんじゃないかな。

そしてパクさんのようにプロでありながら後進を育成していく人、
憧れます。

全力でパクさんに向かっていく人たちがいるっていうのも
彼の凄さの表れですよね。
私も全力で何かを成し遂げたい!という人、必死に向かってくる人を
自分の力を総動員して教えたい。
伝えたいことはいっぱいあるのに、なかなかその受け皿がない。

自分も精進しろということですね。

寝正月だったので、運動不足だなあと
NiziUの縄跳びダンスをちょっと真似たら
見事に足が絡まりました。
難しいことをいとも簡単に、そしてキレイに見せるってすごいです。
フルートで言うと、フレンチコンポーザーに載ってる小品のようだ。
(これは、フルートやってる人なら分かりますよね笑)

ほぼベッドにいましたが
色々リンクして、
結果実り多いお籠り生活です。

これからもNiziUの皆さん、そしてパクさん、応援させて頂きます!
色々な気づきをカムサハムニダ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です